冬の一日、短い旅に

旅に出たくなるようです。

勤務先、自宅との往復で日々が過ぎる中、違うまちへ行きたくなりました。

先月は、京都「stardust」を訪れ、冷え込み厳しい雨の日、静かに時間を過ごしました。

連休だった今回の休みも、どこかへ行こうと思っていました。

以前から気になっていた、京都 「李青」へ。

韓国のお茶やお菓子が楽しめます。

この日はしっとりとした雨上がりの日、2月にしては気温も高く、歩きやすい日でした。

京阪特急に乗ることも久しぶり。気がつけば出町柳。そこから丸太町へ。

京都は東西南北も分かりやすく、歩きやすいです。

寺町李青さんを訪れました。

室内のテーブル、椅子もアンティークの設え。

ショップカードに写っていた箪笥の色合いも風合いも落ち着いていて。

韓方茶を豆乳で割ったもの、そして韓国餅をいただきました。

温まる、滋養のある味わい。

ひとときゆったりと過ごし、二条通りへと移動。

途中、村上開進堂を見つけて、古めかしい静かな店舗内で、いくつかお菓子を選びました。

その後、鴨川にほど近い、アーツアンドサイエンスの各店舗へ。

革製品の美しさに惹かれ。しばしながめ。

素材とデザインの美しさ、次はこの財布にしようと。

ものづくり、ものを大切に扱うこと、素材の良い味わい…

インスピレーションを多く受けて、短い旅ですが、心は満足。